頭痛の原因は人それぞれ

頭痛と言っても、体質、生活習慣、環境などで原因が異なってきます。
今回は、相談でよくある頭痛タイプをピックアップして、原因と痛みの特徴、養生法をお話します。

 


■肩こりから頭痛


長時間の同じ姿勢、パソコン仕事、長時間スマホなど、生活の中で肩をあまり動かさない状態が続くと、肩周りの筋肉が凝り固まり、血の巡りが悪くなり、頭へ血が回らず頭痛が発生します。
後頭部から頭全体に締め付ける様な痛みが特徴です。
頭痛を和らげる、または起こらないようにするには、肩周りの筋肉を動かしてあげて、血の巡りを良くし、筋肉の凝りを和らげてあげることです。
次のような体操をするとよいですよ!!

 

 


■生理前後に来る頭痛


生理時、血液が多く消費されることにより、血の栄養、量ともに不足し、頭まで滋養することができず頭痛が発生します。
漢方で血虚と呼ばれる、血液が不足している人に起こりがちです。
ズキンズキンと波打つ強い痛みが特徴です。
毎日の食事で血を補うことと、頭まで滋養できるよう体を温めて血の巡りを良くしておくことが大事です。

 

 

 


■気候による頭痛


寒さによって血管が凝滞したり、低気圧による水の停滞、湿気が多い時期に体内の水の巡りが悪化して熱をもったりしての頭痛が発生します。
締めつける、又は張るような痛みが起こるのが特徴です。
すでに寒さで頭痛の場合は、しょうが湯などで体の中から温め、血の巡りを良くさせます。
日頃から一枚羽織るもの常備するなどして、体が冷えないようにしましょう。

次に、水の巡りが悪い場合は、毎日の食事に水の巡りを良くする食材を摂り入れるといいです。
肥甘厚味と言って、甘い物、味の濃い物、脂物、お酒などの摂りすぎないようにしましょう。



そして、日頃から少し息が上がる程度の運動を適度に行い、お風呂にしっかりつかって体を温めて体の水の巡りを良くしておくとよいです。

 

 

 


■ストレスによる頭痛


人間関係、仕事などで、長期間のストレス受け続けると、気血の巡りが停滞し、熱が溜まり、その熱が頭へ上り頭痛を発生させます。
頭が張るような痛みが頻繁に起こる特徴があります。
人間関係、仕事は簡単に回避ができないと思います。ストレスが発散できる場を作りましょう。
信頼できる友達、家族に話すだけでも気持ちが楽になりストレスを発散できますし、趣味に没頭するのもよいです。
そして、ストレスを受けた時は、次のような深い深呼吸をしましょう。


また、気血の巡りを良くし、頭にあがった熱を降ろす漢方薬を使うのもおすすめです。

 

 


■疲れによる頭痛


過度な労働、運動などで体を養うエネルギー不足に陥り、頭まで栄養が巡らすことができないと頭痛が発生します。
長引き、シクシクする痛みが特徴です。
仕事が忙しくて、食事、睡眠、休息をおろそかにしている方に多い頭痛です。
食事をしっかりとって、十分に睡眠をとり、体を休ませて疲労を回復することが先決です。


食事をしっかり摂らないといけないですが、1つだけ注意しないといけません。
疲れすぎて食欲も湧いていないときに、元気をつけようとして、焼き肉など消化の悪い物を無理に食べるのはNGです。
消化の良いものをよく噛み、腹八分目を継続する方が疲労の回復は早いです。

 


他にも原因はあります。辛い頭痛でお悩みの方は一度ご相談下さい。

熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂

過緊張をほぐしましょ!!


・重要な商談
・大勢の人前でのプレゼン・挨拶
・重要な試験
・ここ一番の勝負等


を前にすると緊張してしまい、
心臓がドキドキしたり、口が乾いたり、手が震えたりと、自分ではコントロールできない状態に陥るという人は多いと思います。
かくいう私も緊張が強くでてしまうタイプです(^^;


・緊張しすぎるとパフォーマンスを下げる
・適度な緊張は、集中力が高まり、パフォーマンスを上げる


ということを頭でわかっていても、体は思うどおりに動かず、勝手に緊張し過ぎてしまいます。

 


<過緊張状態とは>
過緊張は、自律神経と深く関連しています。
自律神経とは、内臓などの働きをコントロールしているものです。
例えば、頭で考えなくても、呼吸を行い、心臓は拍動し、胃腸は蠕動運動します。これは全部、自律神経がコントロールしてくれています。過緊張は、この自律神経が大きく乱れるんです。

 


では、この過緊張はどうにもできないのか?
いいえ。
自律神経で運動している体の中で、意識してコントロールできるのが『呼吸』です。かつ『呼吸』はとてもコントロールしやすい。このコントロールしやすい『呼吸』を利用して、過緊張をほぐすことができます。

「深呼吸ならやってるよ」「緊張は取れなかったよ」と言う方がおられると思います。ラジオ体操のような比較的早い深呼吸をされていたのではないでしょうか。

呼吸の仕方にちょっとコツがあるんです。
では、私が行っている過緊張をほぐす呼吸の手順をお話します。


➀可能であれば座りましょう
➁目を閉じます
頭で数を数えながら
 鼻からゆっくり息を吸います。
  (目安5秒以上)
頭で数を数えながら
 口からゆっくり少しずつ息を吐きます。
  (目安15秒以上)
➄.➂➃を1セットとして、3~5セット繰り返す。



この呼吸手順で重要なポイントは、
「頭で数を数えながら」
「ゆっくり、深い呼吸」
の2つです。


「頭で数を数えならが重要な理由
人間は、良くも悪くも1つのことしか考えれません。頭の中で数を数えることによって、他のことを考えることができないようにします。
これにより緊張している状況を思い、考え、不安になったりすることが頭から離れ、緊張の元が断ち切られますので、良い状況を作り出せます。


「ゆっくり、深い呼吸」が重要な理由
リラックスした時、自律神経の副交感神経が優位になり、呼吸はゆっくり、深くなります。呼吸を意識的にゆっくり深くすることによって、副交感神経を優位な状態へ促し、体に今リラックス状態なんだと思わせる(騙す)んです。

 


以上が、緊張をほぐす私の呼吸法です。

この呼吸法はストレスを受けたときにも有効ですので、ストレスにさらされている方もお試し下さい。

緊張しすぎるというお悩みをお持ちの方の解決の一助になれば幸いです。


熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂

生理不順、貧血、冷えに婦宝当帰膠

冷え症、貧血、生理不順、生理痛、腹痛、腰痛、肩こり、頭痛、めまい、のぼせ、耳鳴りに効能がある『婦宝当帰膠』をご紹介します。



なんとなく
効能にまとまりがなくてピンと来ませんよね。
「冷え」と「のぼせ」なんて真逆の症状なのに大丈夫なのか・・・と

中医学の観点でお話すると合点がいくかもしれません。
婦宝当帰膠は、中医学で言う『血虚(けっきょ)』という状態を正すことに主眼を置いている漢方薬なんです。


血虚とは?
血液不足、または血液の滋養・滋潤作用が低下した状態のこと

 


<血虚の原因>
血虚は、血の補充(食事)と消耗のバランスが崩れたときに起こります。
特に女性の場合は、生理、妊娠、出産、授乳などで血液を大量に消耗するうえに、現代ではスマホ、パソコン作業での目の酷使、過労、睡眠不足、ストレス等で血の消耗を加速させています。そのため、血の補充が間に合わなくなることが多く、血虚になります。
また、過度なダイエットによる食事制限で、十分な血液を補充できなくて血虚になる場合もあります。
体が血虚状態だと、最初に挙げている全ての症状につながります。

 


<婦宝当帰膠の特徴>
婦宝当帰膠は、9種類の生薬で構成。防腐を高めるために黒糖が入ったシロップ剤となっており、非常に飲みやすいです。

主役は、生薬総量の約70%を占める『当帰』という生薬で、


補血:血を補う
活血:血行を促進する
滋潤:皮膚・腸などを潤す
調経:月経を整える


という特徴を持ちます。


婦宝当帰膠を構成している生薬を『当帰』も含めてご紹介します。


・血を補い、滋養し、血の巡りを良くする(養血活血)
当帰、熟地黄、川芎、芍薬

・血を補いを増強し、止血にも働く(滋陰止血)
阿膠

・気を補い、補血作用を助ける(補気健脾)
党参、黄耆、茯苓、甘草

 


婦宝当帰膠』で血虚を解消し、つらい症状を起こしにくい体作りをしましょう!!
十分な血が体を満たしていると肌が喜びますよ。


 


<価格>
600ml(300ml✕2) 10,681円
300ml        5,874円

価格は、税込みです。


熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂