春の不調にご用心

3月に入り、卒業シーズンが到来ですね。
(高校はほとんどのところで卒業式が終わってるかも(^^;)

進学、就職、転勤などの生活環境の変化に
ワクワクしている方もいれば
不安でドキドキしている方もおられるでしょう
新生活の準備に忙しくて「そんな暇も無い!!」
なんて方もいるかもしれませんね。

私が新社会人になった春のことを思い出すと(20年以上前だな~)

ワクワクが勝っていました(^^)

新人研修で東京に行けるというのが、その理由(^^)
あの頃は若かった・・・

 


さて春は、
先程述べた生活環境の変化不安定な天気寒暖の大きな変化などが自律神経の切り替えを乱します。


気分が落ち込んだり、逆にイライラしたり
だるさ、めまいを感じたり、
腹痛、下痢、便秘の胃腸不調を起こしたり
生理不順を起こしたりします


中医学では、
『肝』の疏泄作用(気・血・水(津液)※の円滑な巡り)が乱され、体に不調が起こると考えます。


※気:エネルギー
血:血液
水(津液):血液以外の体液

 


春を健やかに乗り切る養生は


・朝は早く起きる
・朝食は温かく消化が良いものを摂る
・散歩などの運動で気持ちをのびのびリラックス
・体を冷やさない
・考えすぎない。気楽な楽観的な気持ちを持つ
・気を巡らし、気を養い、免疫力をあげる食材を摂る(食べる量は腹八分目で)
 春菊、セロリ、ニラ、紫蘇、みょうが、柑橘類
 しょうが、ネギ、玉ねぎ、山芋、きのこ類
 豆類、鶏肉、豚肉、はまぐり、あさり、しじみ等

 


体の不調が強く出てしまい、養生だけでは回復が難しいときは、漢方薬でケアすることも1つの方法です。
一人で悩まず、ご相談下さい。

 

熊本県菊陽町 菜の花漢方堂

貧血、不眠、健忘に心脾顆粒

心脾顆粒』は、不眠、貧血、健忘がおこる方にオススメしている漢方薬です。


漢方で、考えすぎ、ストレス、過度な頭脳労働等で脳に過度な負担がかかると、心(精神と血脈)脾(胃腸機能)を傷めると考えます。


<心と脾が傷むメカニズム>
考えすぎ、思い悩みすぎ、ストレスなどで脳に負担がかかると、自律神経が乱れ、胃腸機能が低下し、食欲不振、消化不良などをおこします。そのため、十分な栄養を取り出し、全身へ運ぶことができなくなり、エネルギー(気)や血液不足を起こします。
また、精神的な影響からアドレナリンなどの持続した刺激は、心を疲れさせます。

この状態が続くと、心を養えなくなり、精神、意識、思考、血脈を司る心の機能が低下します。そして、脳に十分な気血を送れなくなり、物忘れ、理解力の低下、焦燥感、不安、眠りが浅い、不眠などの症状が出てきます。

次に脾(胃腸)の機能低下は、脾のもう一つの作用である統血作用も低下させます。これに伴い、血液が血管から漏れ出る皮下出血、不正出血、生理不順などが起こると考えます。


(補足)心と脾の機能

:精神、意識、思考、血脈を司る
:①食べ物の消化吸収と気血の生成作用
②血液を血管から漏れ出さないように管理する作用

 


<構成生薬>
心脾顆粒は、貧血・不眠・健忘の症状に働く10の生薬で構成されています。


脾気を補い、脾(胃腸)の働きを元気にする(補気健脾)
黄耆、党参、白朮、茯苓、甘草

心血を養い、神明(精神、意識、思考)を安定させる(養心安神)
当帰、竜眼肉、酸棗仁、遠志

気を滞らせず、調(ととの)える(行気作用)
木香

 


<養生>
心脾顆粒を服用しながら養生を合わせることで、不眠、貧血、健忘を起こしにくい体作りを目指しましょう。


ストレスは極力避け、思い悩まないようにする
可能な限りストレスから離れる。できない場合は、信頼のできる人と話をしたり、趣味に没頭したりして、ストレスを発散させ、思い悩まないようにしましょう。

消化の良い物をよく噛んで食べる
胃腸の負担を減らすことで、消化を助けます

食べる量は腹八分目にする
消化できる許容量を超えると、消化不良を起こします。

冷たい飲食物は控え、温かい物を食べる
胃腸の温度が35℃以下だと上手く機能しないと言われており、消化不良を起こします。目安は、体温以上の温かい物を摂りましょう。

睡眠をしっかり取りましょう
睡眠は、体の疲労を回復し、頭の中を整理してくれます。睡眠がとれていないと、疲れが残り、集中力、理解力の低下が起こります。

 


心脾顆粒貧血・不眠・健忘を解消しましょう


60包入   9,000円
1包※       180円
価格は、すべて税別です。

※ご希望がございましたら、1包単位で販売できます。

熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂

腹痛、胃の不快感に健胃顆粒S

胃炎、胃腸虚弱、胃痛、腹痛、食欲不振、胃部不快感、腹部膨満感、悪心、下痢に効能がある『健胃顆粒S』をご紹介します。

健胃顆粒Sは、食事をすると胃の不快感(もたれ、張り)や腹痛、悪心が起こる人によく勧めている漢方薬です。

健胃顆粒Sをお勧めする人は、慢性の胃腸虚弱がベースにあります。
胃腸虚弱になってしまう原因を挙げると


・冷たい飲食物の摂りすぎ
・よく噛んで食べない
・食べてから、すぐに就寝する
・偏食(甘い物、脂物、辛い物の摂りすぎ)
・ストレスを長期間受けている
など


そして、胃腸機能が低下すると、飲食物を消化して胃から小腸へ運び、栄養を吸収するという「運化」という作業が正常にできなくなり、水分のさばきが悪く、胃腸に水の滞りや未消化物が残るなどが起こります。軟便、水様便の下痢になるのは、この運化うまくできていないからです。

さらに、胃腸機能低下は


・疲れやすい
・血不足(貧血など)
・冷え性
・体力、筋力の低下
・生理不順
など


他の症状を併発し、他の病気の引き金になります。

 


<構成生薬>
健胃顆粒Sは、上述の症状を解決する生薬で構成されています。


・弱っている脾胃を健やかに強くする補気健脾
党参、白朮、茯苓、甘草

胃が弱って、湿と呼ぶ溜まっている水をさばき取り除く燥湿化痰
陳皮、半夏

・鈍っている胃腸の動きを増進し痛みを取る理気止痛
木香、縮砂

 


<養生>
健胃顆粒Sを服用しながら養生を合わせることで、回復の促進と胃腸機能の低下を起こしにくい体作りができます。養生法は、胃腸虚弱の原因で挙げたことを正すと良いです。


・冷たい飲食物は避ける
胃腸の温度が35℃以下だと上手く機能しないと言われており、消化不良を起こします。

・消化の良い物をよく噛んで食べる
胃腸の負担を減らすことで、消化を助けます

・食事は、腹八分目の量を心がける
消化できる許容量を超えると、消化不良を起こします。

・就寝3時間前までに食事はすませる
夜間は消化酵素が減少し消化不良に。また、胃腸が活動していると眠りも浅くなり質の良い睡眠がとれず、疲れが残る悪循環にもなります。

・偏食をしない
甘いお菓子を食べ過ぎたり、辛いものばかりを食べたりと、インスタント食品ばかりを食べるなどの胃腸の負担を減らす。

・ストレスから離れる
可能な限りストレスから離れる。できない場合は、信頼のできる人と話をしたり、趣味に没頭したりして、ストレスを発散させましょう。

 


『健胃顆粒S』で、胃腸の調子を整え、胃腸のトラブルとサヨナラしましょう!!



90包入 10,800円
45包入   5,900円
1包※       144円
価格は、すべて税別です。

※ご希望がございましたら、1包単位で販売できます。

熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂