過緊張をほぐしましょ!!


・重要な商談
・大勢の人前でのプレゼン・挨拶
・重要な試験
・ここ一番の勝負等


を前にすると緊張してしまい、
心臓がドキドキしたり、口が乾いたり、手が震えたりと、自分ではコントロールできない状態に陥るという人は多いと思います。
かくいう私も緊張が強くでてしまうタイプです(^^;


・緊張しすぎるとパフォーマンスを下げる
・適度な緊張は、集中力が高まり、パフォーマンスを上げる


ということを頭でわかっていても、体は思うどおりに動かず、勝手に緊張し過ぎてしまいます。

 


<過緊張状態とは>
過緊張は、自律神経と深く関連しています。
自律神経とは、内臓などの働きをコントロールしているものです。
例えば、頭で考えなくても、呼吸を行い、心臓は拍動し、胃腸は蠕動運動します。これは全部、自律神経がコントロールしてくれています。過緊張は、この自律神経が大きく乱れるんです。

 


では、この過緊張はどうにもできないのか?
いいえ。
自律神経で運動している体の中で、意識してコントロールできるのが『呼吸』です。かつ『呼吸』はとてもコントロールしやすい。このコントロールしやすい『呼吸』を利用して、過緊張をほぐすことができます。

「深呼吸ならやってるよ」「緊張は取れなかったよ」と言う方がおられると思います。ラジオ体操のような比較的早い深呼吸をされていたのではないでしょうか。

呼吸の仕方にちょっとコツがあるんです。
では、私が行っている過緊張をほぐす呼吸の手順をお話します。


➀可能であれば座りましょう
➁目を閉じます
頭で数を数えながら
 鼻からゆっくり息を吸います。
  (目安5秒以上)
頭で数を数えながら
 口からゆっくり少しずつ息を吐きます。
  (目安15秒以上)
➄.➂➃を1セットとして、3~5セット繰り返す。



この呼吸手順で重要なポイントは、
「頭で数を数えながら」
「ゆっくり、深い呼吸」
の2つです。


「頭で数を数えならが重要な理由
人間は、良くも悪くも1つのことしか考えれません。頭の中で数を数えることによって、他のことを考えることができないようにします。
これにより緊張している状況を思い、考え、不安になったりすることが頭から離れ、緊張の元が断ち切られますので、良い状況を作り出せます。


「ゆっくり、深い呼吸」が重要な理由
リラックスした時、自律神経の副交感神経が優位になり、呼吸はゆっくり、深くなります。呼吸を意識的にゆっくり深くすることによって、副交感神経を優位な状態へ促し、体に今リラックス状態なんだと思わせる(騙す)んです。

 


以上が、緊張をほぐす私の呼吸法です。

この呼吸法はストレスを受けたときにも有効ですので、ストレスにさらされている方もお試し下さい。

緊張しすぎるというお悩みをお持ちの方の解決の一助になれば幸いです。


熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂

私のアレルギー性鼻炎 軽減談


アレルギー性鼻炎の方多いですよね。
かくゆう私も幼少の頃からアレルギー性鼻炎持ちです。
物心ついたときからなので、40年くらいの付き合いです。


色々な機関より、アレルギー性鼻炎患者数の推移が発表されていて、私の世代くらいから多くなってきているようです。
(それ以前の調査結果が無いだけなのかもしれませんが)
乗りたくない流行りに乗ってしまった感じです(^^;

 


親も私も何とか治したいという思いから、色々試してみました。


幼少の頃は、評判の良い耳鼻科へ連れて行ってくれたり、
アレルギー性鼻炎に良いと言われるものを食べてみたり
など


しかし、良くなったという実感は「無かった」というのが正直な感想です。


2021年の今、
アレルギー性鼻炎向けのお薬や健康情報が世の中にいっぱいあふれているにもかかわらず、患者数は全く減らず、増加する不思議な現象が起こっているのも事実です。

 


そんな私ですが、
7年ほど前からあることをはじめて症状が軽減してきました。
あくまでも完治ではなく、症状の軽減です。

何をしたかと言うと

 


「冷たい食べ物、飲み物を極力摂らないようにしました」

 


読者:「えっ!?、それだけ」
と思われた方が多いと思います。

私:「はい、それだけです」

シンプルでしょ。
なので、とても継続しやすかったです(^^)

 


症状がひどかった時は、透明の鼻水が止まらなくて、1日で箱ティッシュを使い切ってしまうくらいでした。その上、症状が悪化する頻度も高かったです。


それが今では、症状が酷くなるのは年に10回以下。季節の変わり目に集中してます。

ただし、軽減を感じるまで、時間がかかりました。2年くらいかかってます。


 

「症状を軽減させてやろう」という気持ちではなく、「体を冷やすことは何につけても体に良くないから控えよう」という気持ちで始めたのが良かったのかもしれません。

すぐに結果を求めていたら、続かなかったと思います。

 


<同じアレルギー性鼻炎でお困りの方々へ>


アレルギー性鼻炎のお薬等を試しながらでもいいです。ベースに冷たい物は摂らないを守っていれば、いつか軽減してくると思います。

あせらず、気長に取り組みませんか。よかったら、ご参考にして下さい。

 


熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂

春の不調にご用心

3月に入り、卒業シーズンが到来ですね。
(高校はほとんどのところで卒業式が終わってるかも(^^;)

進学、就職、転勤などの生活環境の変化に
ワクワクしている方もいれば
不安でドキドキしている方もおられるでしょう
新生活の準備に忙しくて「そんな暇も無い!!」
なんて方もいるかもしれませんね。

私が新社会人になった春のことを思い出すと(20年以上前だな~)

ワクワクが勝っていました(^^)

新人研修で東京に行けるというのが、その理由(^^)
あの頃は若かった・・・

 


さて春は、
先程述べた生活環境の変化不安定な天気寒暖の大きな変化などが自律神経の切り替えを乱します。


気分が落ち込んだり、逆にイライラしたり
だるさ、めまいを感じたり、
腹痛、下痢、便秘の胃腸不調を起こしたり
生理不順を起こしたりします


中医学では、
『肝』の疏泄作用(気・血・水(津液)※の円滑な巡り)が乱され、体に不調が起こると考えます。


※気:エネルギー
血:血液
水(津液):血液以外の体液

 


春を健やかに乗り切る養生は


・朝は早く起きる
・朝食は温かく消化が良いものを摂る
・散歩などの運動で気持ちをのびのびリラックス
・体を冷やさない
・考えすぎない。気楽な楽観的な気持ちを持つ
・気を巡らし、気を養い、免疫力をあげる食材を摂る(食べる量は腹八分目で)
 春菊、セロリ、ニラ、紫蘇、みょうが、柑橘類
 しょうが、ネギ、玉ねぎ、山芋、きのこ類
 豆類、鶏肉、豚肉、はまぐり、あさり、しじみ等

 


体の不調が強く出てしまい、養生だけでは回復が難しいときは、漢方薬でケアすることも1つの方法です。
一人で悩まず、ご相談下さい。

 

熊本県菊陽町 菜の花漢方堂