痰湿さんと冷水と養生

『痰湿さんと冷水と養生』


・舌苔が厚い
・便はベトベトで軟便
・暑くもないのに汗がでる
・重だるい倦怠感がある
・口臭、便臭が強い  など


これらは、痰湿を持っている人の特徴症状なんです。
思い当たりますか?(^^)

このような症状の相談を受けて、痰湿改善のお薬を出すとき、必ず説明することがあります。

「人肌以上の温かい白湯でお薬を飲んで下さい」と。

この説明を聞くと、ほとんどの方が

「冷たい水で飲んでは駄目なんですか?」

と聞かれます

「駄目なんです。」


理由は、
今の痰湿症状が出ている大きな要因は、冷たい飲食物を頻繁に摂っているため発生している症状だからです。
昔から「脾(胃腸)は生痰の源」と言われており、胃腸を冷やして消化吸収機能を落とすと、水をさばききれなくなり痰湿(病的な水)を生み出します。
また、消化吸収機能失調するので、お薬の効きも悪くなります。

痰湿の症状は、漢方薬を飲むだけでは回復を見込めません。

何よりも養生が大切。
養生とは、冷たい飲食物をできるだけ控えることです。

家庭にほぼ100%と言っていいくらい冷蔵庫が普及している現代は、すぐに冷たい物を飲食できるので、痰湿による体の不調になりやすくなっています。
よって、自分で冷たい飲食物を、どれだけ自制できるかにかかっています。

逆に言うと、漢方薬を飲まなくても、冷たい飲食物を摂らなければ、痰湿症状は回復していくとも言えます。

 


夏本番
キンキンに冷えた飲み物を欲しくなりますが、
少し体のことを考えて、その一杯を温かい飲み物にかえてみませんか


熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂

腹痛、胃の不快感に健胃顆粒S

胃炎、胃腸虚弱、胃痛、腹痛、食欲不振、胃部不快感、腹部膨満感、悪心、下痢に効能がある『健胃顆粒S』をご紹介します。

健胃顆粒Sは、食事をすると胃の不快感(もたれ、張り)や腹痛、悪心が起こる人によく勧めている漢方薬です。

健胃顆粒Sをお勧めする人は、慢性の胃腸虚弱がベースにあります。
胃腸虚弱になってしまう原因を挙げると


・冷たい飲食物の摂りすぎ
・よく噛んで食べない
・食べてから、すぐに就寝する
・偏食(甘い物、脂物、辛い物の摂りすぎ)
・ストレスを長期間受けている
など


そして、胃腸機能が低下すると、飲食物を消化して胃から小腸へ運び、栄養を吸収するという「運化」という作業が正常にできなくなり、水分のさばきが悪く、胃腸に水の滞りや未消化物が残るなどが起こります。軟便、水様便の下痢になるのは、この運化うまくできていないからです。

さらに、胃腸機能低下は


・疲れやすい
・血不足(貧血など)
・冷え性
・体力、筋力の低下
・生理不順
など


他の症状を併発し、他の病気の引き金になります。

 


<構成生薬>
健胃顆粒Sは、上述の症状を解決する生薬で構成されています。


・弱っている脾胃を健やかに強くする補気健脾
党参、白朮、茯苓、甘草

胃が弱って、湿と呼ぶ溜まっている水をさばき取り除く燥湿化痰
陳皮、半夏

・鈍っている胃腸の動きを増進し痛みを取る理気止痛
木香、縮砂

 


<養生>
健胃顆粒Sを服用しながら養生を合わせることで、回復の促進と胃腸機能の低下を起こしにくい体作りができます。養生法は、胃腸虚弱の原因で挙げたことを正すと良いです。


・冷たい飲食物は避ける
胃腸の温度が35℃以下だと上手く機能しないと言われており、消化不良を起こします。

・消化の良い物をよく噛んで食べる
胃腸の負担を減らすことで、消化を助けます

・食事は、腹八分目の量を心がける
消化できる許容量を超えると、消化不良を起こします。

・就寝3時間前までに食事はすませる
夜間は消化酵素が減少し消化不良に。また、胃腸が活動していると眠りも浅くなり質の良い睡眠がとれず、疲れが残る悪循環にもなります。

・偏食をしない
甘いお菓子を食べ過ぎたり、辛いものばかりを食べたりと、インスタント食品ばかりを食べるなどの胃腸の負担を減らす。

・ストレスから離れる
可能な限りストレスから離れる。できない場合は、信頼のできる人と話をしたり、趣味に没頭したりして、ストレスを発散させましょう。

 


『健胃顆粒S』で、胃腸の調子を整え、胃腸のトラブルとサヨナラしましょう!!



90包入 11,880円※
45包入   6,490円
価格は、すべて税込みです。

※ご希望がございましたら、1包単位で販売できます。

熊本県 菊陽町 菜の花漢方堂

腹痛(胃痛)

腹痛(胃痛)は、原因が重なっていたり、下痢、吐き気などの症状が併せて起こったりと複雑です。
ここでは、大きく4つの原因に主軸をおいて、腹痛が生じる機序、対応する漢方薬について説明していきます。


1)冷え
2)瘀血
3)気の滞り
4)水の代謝が悪い

 


1)冷えからくる腹痛
冷えの腹痛は、2つに別れます。

1つ目は、冬の寒い時期や夏場のクーラー、冷たい飲食物の摂りすぎなどで体に冷えが入り込み腹痛が起こる場合です。
急性で痛みが強い腹痛であることが特徴です。

2つ目は、過度な疲れ、ストレス、長期間の病気等で体が弱ってしまい、体内の温める力(温煦作用)が弱まり、冷えが生じて腹痛が起こります。
慢性のシクシクする痛みであることが特徴です。


漢方の対応
外からの寒邪が原因の場合は、散寒と言って体内の寒さを散らす薬を用いて痛みを緩和していきます。また、冷たい飲食物によって脾胃が湿も伴っている場合は、去湿といって湿を取り去る薬も用いて、痛みの原因を取り除きます。

後者の体が弱っての冷えの腹痛は、温裏散寒といって、体内を温めて寒さを散らす薬を用いて、痛みを緩和させます。そして、補気健脾といって、元気を作り出す元となる脾胃を立て直す薬を用いて、腹痛が起こりにくい体へ持っていきます。

 


2)瘀血からくる腹痛
生活習慣の悪化、長期化した病などがあると、血に熱をもったり、血を送り出す力が弱くなったり、血の量が不足したりして、血の停滞/巡りが悪くなる状態(瘀血:おけつ)を生じます。
血の巡りが悪くなり、血が行き渡らないと痛みが起こります。
この痛みは部位が固定して、刺すような痛みが特徴です。
生理痛は、瘀血が主な原因であることが多いです。


漢方の対応
活血化瘀と言って瘀血を解消すると共に、熱があれば熱を取り去る薬、血が少なくなっていれば血を補う薬、血を動かす力が不足していれば気血を巡らす薬と、体の状態に合わせてお薬を使い分けて、痛みを緩和し、腹痛が起こりにくい体へしていきます。

 


3)ストレスなどからくる腹痛
ストレス、強い緊張などがあると体の気の巡りが悪くなります。気は血を動かす推動力でもあるので、血の巡りも悪くなります。(長く続けば前述の瘀血による腹痛にも発展します)

気血の巡りが悪化、停滞すると、脾胃の機能失調をおこし、痛みが発生します。張ったような腹痛が生じるのが特徴です。


漢方の対応
気の巡りを良くするお薬を用い、痛みを取り除いていきます。ストレスにより脾胃も傷んでいる場合は、脾胃の機能を立て直す薬も使います。また、気の停滞により脾胃に熱、湿が発生している場合は、それらを取り去る薬を用いることがあります。

 


4)水の代謝の悪化による腹痛
冷たくなくても過度に飲み物を摂取したりすると、胃腸機能が低下し、水がさばけず、腹痛が発生します。急性で下痢を伴い、強い痛みの腹痛が特徴です。


漢方の対応
水をさばく作用(利水作用)のある薬を用い、原因のもとである水を取り除くとともに、多量の水分によって、湿・冷えが生じている場合は、それらを取り除く薬も用いて腹痛を改善していきます。

 


<注意>
長く腹痛が続いていたり、痛みが強くなっている場合は、病院での検査を推奨しています。
漢方での対応も有効ですが、検査結果次第では、西洋治療と漢方を併用することで治りが早い場合があります。