10月の養生

<徒然養生>


10月の養生

過ごしやすい季節になってきました。
しかし、”朝晩の気温差”や”月の上旬と下旬の気温差”が大きい時期でもあります。

そして、10月になると「毎年、この寒暖差で体調を崩す」という話を店頭で聞くようになります。

中医学では、気血水が不足し、巡りが悪い時、体調を崩しやすくなると考えます。裏を返せば、気血水が充実し、巡りが良ければ健やかに過ごせるということです✨😊

では、以上を踏まえて、養生をお話したいと思います。


🔸食事は適量でバランスを重視し、温かい物を食べましょう
旬の食材は潤いをもたらします(オススメ)
 長芋、蓮根、さつまいも、里芋、きのこ類
 百合根、銀杏、梨、ぶどう、柿、
 サンマ、イワシ等

🔸冷たい飲食物は避ける
冷たい物を摂ってしまった時は、温かい物をプラスしましょう

🔸日付が変わる前に就寝し、毎日7時間くらいの睡眠時間をとりましょう

🔸毎日、湯船に浸かって入浴を❗❗
体が温まり、気血水が巡ります

🔸適度な運動を毎日しましょう
ウォーキングなど、無理のない運動を続けることが大事です


上記を、全てをいきなり行うのは無理かもしれません。まず、優先して実践していただきたいのは


🟠しっかり寝る
🟠湯船につかる
🟠冷たい物を取らない


です。

気血水を巡らせて、秋を健やかに過ごしましょう😊

熊本 菊陽町 菜の花漢方堂

初秋の養生

<徒然養生>



初秋の養生

朝晩涼しくなり、夜は虫の声が心地良い季節になってきました。
ただ、まだまだ日中は暑さが残り、外での活動はつらいですね

中医学で秋は、燥邪に気をつける季節ととらえます。
そして、暑さが残る初秋は、温燥タイプの不調が多くなります。


例えば、
🔹鼻やノドの乾燥
🔹空咳
🔹のどの痛み
🔹微熱
🔹黄色く切れにくい痰、
🔹肌のかさつきや痒み
など


この時期は、体の余分な熱は瀉しながら、潤いを養い、乾燥を防ぐ養生が大切です。

 


では、初秋の養生をご紹介していきます。


🔸オススメの食べ物で熱瀉滋潤


梨、ぶどう、柿
山芋、里芋、れんこん、きゅうり、ゆり根
温かい緑茶


🔸辛い物、味の濃い物、アルコールの摂り過ぎない

🔸夜更かしせず、十分な睡眠をとる

🔸お通じを整え、毎日の排便心がける


できるところから始めて、
元気に秋を過ごしましょう😊

熊本 菊陽町 菜の花漢方堂

湿に注意を~水をさばく食材を紹介~

徒然養生



湿に注意を~水をさばく食材を紹介~

熊本は、もう一週間以上雨が降っていますね。

こういう時、体は湿邪に侵されやすいです。
湿とは、体にとって病的な水です。

下痢、軟便、胃のつかえ、
下半身が重だるい、むくみ、尿量が少ない
などが起こります。

生活習慣を少し見直すと良いです!!
まずは図の食養生を出来るところから始めてみましょう。
一週間くらいで良い変化が現れると思います(^^)

追加)
お風呂にしっかり入って、発汗を促し、水の巡りを良くするとプラスの変化が起こります!!