漢方で丈夫で健康な骨づくり


『漢方で丈夫で健康な骨づくり』

加齢にともなう骨の弱りの相談をよくお受けします。
骨の弱りは、テレビ等でも広く知られているように閉経後の女性に多いです。自覚しないうちに骨が弱り、ちょっとしたことで骨折し、生活に大きな支障をきたしてしまいます。よって、日頃のケアがとても重要です。

補足ですが、骨折すると本人だけでなく、家族へ介護の負担をかけることにもなります。平均寿命が80才をこえる昨今では、骨を強くすることは、自分にも家族にも重要なことです。

次に、漢方による骨のケアをお話します。

漢方では、骨は「腎」という臓と密接に関わっています。よって、腎を養うため「補腎(ほじん)」と、必要な栄養を骨へ届けるために血の巡りを良くする「活血(かっけつ)」という2つが基本の対応となります。

養生としては、食事運動の2つが主になります。骨を強くすると聞くと、カルシウムとビタミンDだけに注目されがちですが、それ以外の栄養素もバランスよく摂り、かつ、歩く等の運動で骨に負荷を与え、「丈夫な骨が必要だよ」と身体に知らせないといけません。

 


では、補腎、活血の一例と養生をご紹介します。


<<漢方薬>>


腎を補う漢方薬


霊鹿参(れいろくさん)
双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)
八味地黄丸(はちみじおうがん)
六味丸(ろくみがん)
独歩顆粒(どっぽかりゅう)


※体質に併せて使う漢方薬は変わります。


血の巡りをよくする生薬配合の漢方薬


冠元顆粒(かんげんかりゅう)
疎経活血湯(そけいかっけつとう)
芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
婦宝当帰膠B(ふほうとうきこう)


※体質に併せて使う漢方薬は変わります。

 

 


<<養生>>


🔶バランスの良い食事で強い骨を形成しよう
 カルシウム、コラーゲン、リン
 ビタミンB、C、D、K
 タンパク質など


🔶冷たい飲食物は極力さけ、身体を冷やさない
冷えは血の巡りを悪化させます


🔶温かいお風呂に入る
身体が温まると気血水が巡ります


🔶歩くなどの運動で骨に負荷を加えよう
ながら運動として、かかと落としをオススメします


🔶日光浴でビタミンDを増やそう


🔶十分な睡眠をとる
睡眠は、骨の修復や成長を促します


以上です。

外で動きやすくなる温かい春になってきます。補腎と活血で丈夫な骨を作り、外に出て元気に活動できる一助になれば幸いです。

 


<注意>
本ページで掲載している漢方薬は一例です。
個人の体質、その日の体調、生活習慣、生活環境などにより使う漢方薬は変わります。
漢方の知識を持った専門家(医師、薬剤師、登録販売者)に相談して適切な漢方薬を購入し服用してください。

熊本 菊陽町 菜の花漢方堂

骨の養生

<徒然養生>



骨の養生

みなさんもご存知の通り、骨は、老化とともに衰えやすい体の部位の1つです。

骨を健やかに丈夫に保とうとする時、漢方では、補腎(ほじん)、活血(かっけつ)を重要視します。理由は、骨は腎に属しているという考えで、腎に必要な物を補うことが大切であり、そして、骨への栄養をしっかり届けるため、活血という血の巡りを良くすることも合わせて大事になるからです。

 


では、補腎、活血の考えも踏まえた骨の養生をご紹介します。


🔸補腎、活血の食材をバランスよく摂りましょう✨


<オススメ食材>
小松菜、切り干し大根、木綿豆腐
玉ねぎ、ネギ、黒酢、
小魚、サンマ、鮭、しらす干し
骨付きの肉(鶏、豚、牛、羊)
納豆など大豆類


骨は、カルシウムだけでできているわけではなく、コラーゲン、リンも必要です。コラーゲンの素となるタンパク質もしっかりとりましょう。リンは、食材に多く含まれているため、意識しなくても摂れていることがほとんです。逆に食品添加物などはリンを過剰に含むため、摂り過ぎに注意しましょう。


🔸十分な睡眠
睡眠時に分泌される成長ホルモンが骨の形成、修復してくれます


🔸日光浴
カルシウムの吸収を助けるビタミンDが増えます


🔸毎日の入浴で血の巡りをよくする


🔸適度な運動で骨に刺激を与え、かつ血の巡りを良くする
オススメは、ウォーキング。
足のかかとに刺激を与えてあげると、「骨を丈夫にしないといけないよ」というメッセージがでて、体は骨を丈夫に保とうとしてくれます。

 


最後に骨の養生で一番大切なことは、毎日続けることです。骨はすぐに変化するものではありません。日頃の積み重ねによって骨は健やかに丈夫に保たれますよ❗❗

ぜひ、養生を取り入れ、継続して骨を健やかに保って、元気に過ごしましょう😊

熊本 菊陽町 菜の花漢方堂

笑顔で歳を重ねるための養生

<徒然養生>


笑顔で歳を重ねるための養生

約二千年前に編纂された最古の医学書「黄帝内経」に、男子は8の倍数で40歳、女子は7の倍数で35歳あたりから老化が始まるとあります✨(テレビのCMでもよく聞きますよね)

また、腎は骨を主り、髄を生じ、脳は髄の海を為す、歯は骨の余り、其の華は髪にあるとも書かれており、老化に直面した時、注意すべきポイントとして、骨、脳、歯、髪を挙げてくれています✨

この骨、頭(脳)、歯、髪の変化を日頃から気にかけ、早めに対策を打っていくことが大事です😊

中医学での老化に対するポイントは2つ
 腎を補う”補腎”
 血の巡りを良くする”活血”
です。

では、笑顔で歳を重ねるための補腎、活血の養生をご紹介していきます。


🔸過労を避ける
🔸質の良い睡眠をする
日付が変わる前に就寝し、睡眠時間は7時間を目安に
🔸欲張りすぎない(食欲、性欲など)
🔸適度な運動
🔸補腎、活血の食材を積極的に摂りましょう
<補腎>
  黒豆、黒ゴマ、黒キクラゲ
  海藻類(ひじき、わかめ、のり、昆布、もずく)
  きのこ類(しいたけ、しめじ、なめこ)
  ナッツ類(落花生、くるみ、松の実)
  山芋、長芋、里芋、
  牛、豚、鶏肉を骨と一緒にとる
<活血>
  玉ねぎ、にんにく、ニラ
  青魚(さんま、いわし、さば)
  黒酢、らっきょう、なす、桃


お店で相談を受けていると、50代以降の方は老化にとても敏感です。しかし、30~40代の方々は、老化と言っても、ピンと来られない方が多いです。

早めのケアで、笑顔で歳を重ねて行きたいですね😊

熊本 菊陽町 菜の花漢方堂